ファクタリング

ファクタリングは即日資金化してくれる?

ファクタリングで気になるのは現金化までの時間です

事業をおこなっていると、通常は支払いの期限というものがあります。電気代やガス、水道等のインフラ設備はもちろん、事業をおこなっていくための取引先との関係も考えれば常に安定的に期限に送れず、お金の支払いをしていかなければいけません。

もしも支払いが遅れるようなことがあると、徐々に信用を失っていき、良い条件で取引できなくなります。お金が払えない相手にサービスをしても相手破損をするだけですので、慎重になります。

最悪の場合はもう付き合いたくないとすら言われてしまうかもしれません。そのため支払い期限はできる限り守っていく必要があります。とはいえ現実問題としてお金がなければ払えません。

そこで、現金が手元にないときに現金を持つための手段としてファクタリングがあります。これは売掛債権等を売却することで、債権の期限よりも早い段階でお金を得ることができるサービスです。

これを活用していけば、その場を凌いでいくこともできます。ですが、実際に気になるのはどのぐらいの早さで現金化が可能なのか、ということです。こちらとしては急いでいるのですから、できるだけ早くお金がほしいです。

 

即日で現金化することができる場合もあります

昨今は消費者金融等が即日で審査が通ることを売りにして事業を拡大しています。そこで、できることならばファクタリングも即日で現金化できればありがたいです。

やっぱり現金が手元にあれば心にゆとりができて安心します。時間がかかって現金化されるよりも、早い時期にお金が入ってきて支払いができれば嬉しいです。

また、本当に急いでいるときは即日でないと間に合わないこともあります。やはり早いことは良いことです。そこで実際のところ即日が可能なのか調べてみると、可能な場合もあることが分かります。

つまり債権の種類や、業者によって違うことを意味します。必ずしも即日対応できるわけではないので、事前にしっかりとリサーチしておくことは非常に大切です。

ネットの情報でもそれなりに調べることができますが、情報が古い可能性もありますので、できることならば問い合わせして直接確認を取ることが安全です。

 

手数料を考慮に入れて行動しましょう

ここで忘れてはならないことは手数料です。短期間で現金化できることはありがたいことですが、その代わりにデメリットとして手数料が高くなってしまう傾向があります。

確かにお金が手元にあれば安心しますが、急ぐ必要がないときに急いで換金することは無駄に手数料を支払うことになるので、経営を圧迫します。お金がなくなると人は余裕を失ってしまい、冷静な判断ができなくなってしまいます。

即日現金化という言葉に惑わされてつい飛びつくようなことはしないことが大切です。また仮に急いでお金が必要なときでもしっかりと業者を比較検討しましょう。業者間によって手数料はかなり違ってきますので、注意が必要です。

 

事業でお金がなくなれば、会社は立ち行かなくなってしまます。そこで、ファクタリングを使えばすぐにでも現金を得ることができます。昨今は即日で現金化できるケースもあります。

ただし売掛債権といっても種類はさまざまにあります。本当に自分のものは素早く現金化できるのかきちんと調べておくようにしましょう。

また、お金がないと焦ってしまい冷静な判断ができなくなります。こうしたときだからこそ、慌てないで冷静に落ち着いた判断をしていくことが求められてきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加