金融

銀行業界の年収ランキング

お金と人

転職サイト「キャリコネ」などを運営するグローバルウェイの調査によれば、銀行業界の中で最も平均年収が高かった企業の第1位は新生銀行の710万円だったのだとか。

これはちょっと興味深いランキングですよね。

なんといっても、日本のメガバンク3行を抑えての結果ですからね。

ちなみに2位は、三菱UFJ信託銀行で694万円。
3位三井住友信託銀行の592万円、4位横浜銀行の561万円、5位三井住友銀行の558万円と続くランキングとなっています。

ちなみに国内銀行91行の2018年3月期の平均年間給与は609万円(中央値612万4,000円)だったことを考えると、ちょっとこのランキングに信憑性がかけてきますよね。
しかもこの調査は国内銀行の有価証券報告書などで、従業員数、平均年間給与、平均年齢が判明した91行を対象に集計、分析したものですからね。

ちなみにこのときの平均給与のトップは、5年連続で三井住友銀行の810万5,000円、2位がスルガ銀行の800万8,000円でした。
3位は東京スター銀行の796万4,000円ですから、一体どちらが正確な数字を表しているのでしょうね?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加