資金調達

資金繰りの第一歩

資金調達

当然のことながら、会社は現金がなくなれば資金繰りが回らなくなり、各方面への支払いが滞り始め、ついには会社を継続することができなくなります。

このような状況は、資金繰り管理がしっかり行われていないことがおおく、大抵の場合は、常に現金預金がギリギリの状態で会社経営を行っています。
しかも、このような状況下にあったとしても「借り入れだけは行いたくない」「借金したくない」と考えている経営者さんは多いことも事実なのです。

しかし、よく考えてみると、借入金があったとしても現金さえ手元にあれば、資金繰りは回っていきますし、会社が倒産することはありません。

無借金経営を夢見る経営者さんも多いのですが、安全な会社経営を考えた場合、それは資金繰りがしっかりと回っているということが大切で、資金繰りが毎度カツカツな状況の会社と、借入金が多いとは言え、資金繰りがうまくいっている会社であれば、圧倒的に後者の会社のほうが安全な会社経営と言えるのです。

資金調達は1日にしてならず

基本的に資金調達というのは、数日、1週間で行えるというものではありません。

銀行や政府系金融機関などであれば、融資を申し込んでから融資が実行されるまで、少なくとも3週間から1ヶ月はかかるのが普通ですし、ノンバンクであったとしても10日前後はかかってしまいます。

いずれにせよ、これらは融資の審査が通っているということが前提ですから、審査が落ちてしまえば、融資すら行ってもらえせん。

こうなってくると、近々の支払いであるいと、自己資金で賄うか、友人を頼るか、はたまた支払先に支払いを先延ばしにしてもらうという選択しかないとお考えではありませんか?

そもそも自己資金があれば、資金調達するということもないでしょうし、友人を頼るとしても金額には上限はあるでしょう。

支払先にお願いするというのが1番いいのかもしれませんが、1回だけならともかく、このようなことが先々続くというようなことになると、会社の信用問題にもなりかねません。

そんなときは、ファクタリングを考えてみてください。

ファクタリングであれば、最短1日で資金を調達することができます。

特に売掛金が多いような企業様であれば、まさにうってつけの資金調達方法だと思います。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加