ファクタリング

個人事業主でもファクタリングは利用可能なのか?

日本国内の事業主は9割以上はいわゆる中小企業で占められているとされています。

日常的な資金繰りや事業の資材購入など、事業を展開していく上では常に現金を必要とします。

必要な額のキャッシュフローを常に用意しておくのが理想的ですが、支払サイトが長期化する傾向があるので、必ずしも必要な時にすぐに現金を調達できるとは限りません。

金融機関の事業用ローンは多くの場合、何らかの会社形態を前提にしているので、安定した収入を見込むのが難しい個人事業主では、金融機関での融資を通過することは困難になります。

もちろんめぼしい不動産などの担保に供する財産を有していれば、融資を受ける機会は多くなるでしょうが、資金繰りに窮する事業主の方では多くの場合、すでに担保に供出しているのが一般的なので、別の視点で資金調達を検討する必要があります。

このような事態でも利用を検討可能なのがファクタリングになります。

ファクタリングとは取引先に対して保有する売掛金債権を変換請求権無しに買い取ることで、期限到来前に現金で支払を受けるという取引です。

金融機関では融資審査を通過することが困難な状況でも、取引先の信用状態さえ問題なければ現金を確保できる可能性が大きくなるということです。

ここでもこのような恩恵を受けることができるのは、株式会社などの法人形態をとっている場合が多くなりますが個人事業主でも取引に応じてくれる会社もあります。

会社を選ぶ際は個人事業主への取引実績が豊富な会社を選択することが大切です。

個人事業主だと門前払いされる会社もあるのでまずこの点を確認しなければいけません。

潤沢な資金力と、審査も数日以内の短期であることが望ましいといえます。

個人事業主の方にとって資金調達はより切実な問題です。

そこで問題解決のためには個人の事業主でも対応できるファクタリング会社を見つけるのが重要です。

その際には取引実績が豊富か否かがポイントになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加