ファクタリング

ファクタリングを知ろう

売掛債権を売却して現金化できる

客に商品を販売するとき、個人であればすぐに支払いを受けられます。

しかし業者間で行うときは掛取引が一般的で、1か月ごとに締め日を設けてさらにそれ以降にまとめて支払いを行います。

販売をして商品は引き渡しているのにそのお金を受け取れない期間が一定期間できてしまいます。

企業内にたくさんのお金があればそれを使って仕入れなどの経営活動ができますが、お金に余裕がないと売掛金が回収されるのを待つしかありません。

その分売り上げをアップするチャンスを逃してしまうときもあります。

このときに使うと良いのがファクタリングになります。

意味としては、売掛債権を売却しての現金化になります。

売掛債権は当事者同士との契約になりますが、条件を満たすとこれを資産として認識してもらえます。

業者がその資産を評価して買い取ってくれ、一定の手数料を引いた上で現金を払ってくれます。

通常なら取引先が入金するまで売掛金分の現金は受け取れませんが、それよりも早く現金が得られます。

その現金で仕入れなどを行えば、効率よく経営できるようになります。

借入をせずに事業資金が調達できる

もっと仕入れをして販売したい、設備投資をして効率化したいときお金が必要になります。

企業内にお金があればそれを使えますが、なければもちろん行えません。

どうしても行いたいとき、通常は借入を行ったり、資本金を増額したりして資金調達をします。

借入は手軽な資金調達方法ですが、借りる前には審査が必要になり必ず審査に通るわけではありません。

借入によっては利率が高いために高い利息を支払わないといけないときもあります。

このときに活用したいのがファクタリングです。

意味として借入をせずに事業資金の調達ができます。

借入のときは厳しい審査を受けた上、借りられれば負債として計上する必要があります。

売掛金を利用した資金調達でも一応審査があります。

この審査は売掛債権の相手会社の審査であって、利用する側の審査ではありません。

大手会社相手だと大手の条件をのまざるを得ないときがあり、どうしても支払いサイトが長くなりがちです。

大手なら信用力も高いので審査も通りやすいでしょうし、信用力が高ければ手数料も低くなります。

売掛金の回収負担を減らす方法もある

得意先に商品を販売したとき、掛取引だとすぐに代金は受けられません。

取引先ごとに支払い条件に関する契約をしていて、締め日や支払い日などを決めています。

基本的にはその契約通りに支払ってもらえますが、事情によってはその日に支払いができないときもあります。

支払ってもらえないと困るので、会社としては催促が必要になり、ときにはややこしい交渉などをしなくてはいけなくなるときもあるでしょう。

営業担当者に回収業務負担が増えると、その分販売業務などに影響が出てしまうかもしれません。

このときにファクタリングを利用する意味として、回収負担を減らすためがあります。

三者間で行う方法だと、取引先に承諾を受けた上で売掛債権の買取をしてもらいます。

一旦買取が決まると、それ以降はその売掛債権の回収義務は業者が負担します。

こちらに回収負担が残らないので、営業担当者は販売業務に打ち込めるようになるでしょう。

中々回収が進まない取引先に対して利用するようにすれば、営業業務の効率アップ分の売り上げ増が期待できるかもしれません。

ファクタリングは売掛債権を評価してくれる会社に買い取ってもらって資金調達をする方法です。

将来入金される予定の資金を早めに現金化できるだけでなく、方法によっては回収負担を軽減する方法としても使うことができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加