ファクタリング

ファクタリングの本審査に必要な書類とは?

基本的に必要となる書類について

資金調達方法の一つであり、役立つことは確かで、審査も比較的易しい傾向にあることから、利用者は増えていますが当然審査を受けクリアしなければなりません。

仮審査はもちろん本審査に必要となる書類をしっかり揃えておくことによって、スムーズに資金調達をすることができます。

基本的に必要となるのが、商業登記簿謄本と印鑑証明書、そして直近三年分の決算書のコピー、過去と直近の取引や入金が確認できる書類、取引先との基本の契約書、そして発注書や納品書、請求書となります。

必要な書類が揃っていないと、審査の開始が始まらないので資金調達がなかなか進まないことになります。

 

最も重要視されている書類について

売掛金証明書類は、ファクタリング会社が最も重視していますが、確認方法に定めはありません。

一般的には業務基本契約書や発注書、請求書や通帳コピーとなってきます。

特に二社間の場合には、売掛先への確認ができないことから、ファクタリング会社が売掛金の存在を確かめる手段は、こういったものしかなく重要となるのは当然のことと言えます。

買い取り金額により、過去の入金履歴の証明となる通帳のコピー、決算書のコピーの提出が求められることもあります。

 

早い段階で準備しておくことも大切

資金調達のためには審査は避けては通れないものであり、そのために必要になるものは、早い段階から準備しておくようにしましょう。

すぐに準備できるものもあれば、すぐにはできないものもあるので、利用することを考えた時にはすぐに準備を開始するべきです。

その他にも資産を証明できる書類があれば用意しておくとより安心できます。

契約する中小企業そのものではなく、取引先を重視する傾向となっているということも忘れてはいけません。

売掛金が支払われるのかという点が重要になってきます。

利用する会社によって、必要となるものには多少違いがあることも多いので、あらかじめしっかり確認しておくようにしましょう。

二社間か三社間による違いなどもあり、利用前に会社に確認しておくと、よりスムーズに資金調達ができるようになります。

準備に手間取ってしまい、スムーズに手続きができないと信用に関わってしまい、審査に悪影響を及ぼす可能性もあります。

複数で相見積りをするとなれば、複数準備しておかなくてはならないので、早い段階で準備を進めましょう。

 

審査の対象としては、申し込んだ企業だけではなく相手の取引先も含まれ、どちらかというと相手の取引先を重要視される傾向にあります。

売掛金が支払われるかどうかは、取引先の信用度によるものとなります。

融資同様に審査が必要ということから、融資の審査で落ちてしまったら資金調達は難しいのではないかと、諦めてしまいがちです。

しかし、ファクタリングは融資と比べると審査も易しい傾向にあります。

貸金業ではないので、銀行から融資を断られた場合にも通る可能性はあるので、チャレンジしてみるべきです。

手続きがスムーズに進行するかも重要なので、信頼を得られる準備をしてから申し込みましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加