ファクタリング

ファクタリングと手形割引の違いとは?

中小企業を営んでいると、資金調達が鍵を握ります。

売掛債権を現金化するときにファクタリングと手形割引の

どちらを選んだほうが良いか、迷うこともあるかと思います。

そこで今回はファクタリングと手形割引の違いを

分かりやすく説明していきます。

この違いを知れば、どちらを選択したら良いのかが分かります。

1. 審査の条件に大きな違いがある

手形割引とは、満期を迎える前の手形を第3者に譲渡して、

手数料を差し引いて現金化することです。

そして、その審査はかなり厳しいと言われています。

なぜなら、手形割引は融資として扱われるからです。

金融機関が審査をおこなうときには、まず利用者の保証能力を重視します。

それは、万が一にも不渡りが出たときに金融機関が損をしないために必要なことです。

審査のときには、経営状況や税金の滞納など、

資金繰りに問題があると判断されてしまうと審査に通らない可能性もあります。

手形割引を利用するときには、まず現在の経済状況を把握してからおこないましょう。

ファクタリングというのは、売掛債権を譲渡することで現金化することです。

そして、審査の対象は利用者よりも売掛先が重視されます。

なぜなら融資とは違い取引先から売掛金を回収するためです。

取引先の業績が安定していれば、審査はとても通りやすいのです。

ですが、取引先の状態によっては断られる可能性もあります。

2. 不渡りが起きたときに大きく違いがでる

ファクタリングと手形割引では不渡りが出たときに大きな違いがでます。

手形割引の場合、取引先の経営状態により不渡りが出たときには

利用者は返金をしなくてはなりません。

不渡りが出たことにより、手元の手形は単なる紙に戻ります。

ですが金融機関にとっては、手形を担保として融資しているのと同じ扱いなので、

返金の責任は利用者にのしかかってきます。

一方、ファクタリングには償還請求権なしが契約内に記載されている場合があります。

この記載がある場合、利用者に返金義務はありません。

ですが、契約内容によっては償還請求権なしの項目がない場合は、

返金の責任が発生しますので、契約するときには内容を確認して契約をしましょう。

3. 手数料の金額に大きな違いがある

手形割引を利用するときには、その手数料は3%から15%となっていて、

さほど高いというイメージはありません。

ですが、ファクタリングの場合は取引先に知られずに利用することができる2社間なら

10から30%、取引先への同意が必要な3社間だと1から5%となっています。

なぜここまで違いがあるのかというと、

それはファクタリングの場合は償還請求権なしといった、

負債に関する保証や信用調査などの費用がかかっているからです。

また、面倒な事務処理を代わりにおこなってくれることもあり、高く設定されているのです。

手数料を安く抑えるか、それよりも手数料が高くてもサービスが充実しているほうを選ぶかで

大きく変わってきます。利用するときには、手数料についても検討してから決めることが大切です。

ファクタリングと手形割引のどちらを利用したほうがいいのかは、

それぞれの状況によって異なります。

例えば、審査基準は手形割引のほうが厳しくなっています。

さらに、取引先に不渡りが出たときのリスクも考えておく必要があります。

一方ファクタリングの場合は、利用する側に問題はなくても

取引先に問題があったら利用することは難しいのです。

利用するときには、まず取引先の経済状況を知ることから始めましょう。

さらに、手数料の金額にも注目していただきたいです。

早く資金調達することができても、手数料で損をしてしまう可能性があるのです。

上手な資金調達をするためには、リスクなどを含めて計算して、

どの方法が向いているかを計算しておきましょう。

安心安全な資金調達こそが事業を円滑におこなうために必要なことです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加