資金調達

「黒字倒産」とは?

倒産と聞くと赤字が積み重なった結果であるとイメージしがちですが、「黒字倒産」という現象もあります。

黒字倒産とは「利益は計上されているのに運転資金や手元に残っている資金が枯渇したため倒産」することを指します。つまり、キャッシュフローが尽きてしまったわけです。

「勘定合って銭足らず」という言葉があります。これは、帳簿上は利益が出ている(勘定合って)のに手元には資金が残っていない(銭足らず)というまさに黒字倒産を絶妙に表現したものです。

俗に言う「どんぶり勘定」な経営で経理などの管理業務が正常ではない状態だと黒字倒産が起きやすいともいわれています。本来入金されるはずの売掛金が取引先の倒産などで入金されないなどの突発的な理由もありますが、多くの場合は資金の管理と運用が計画的でないことが原因と考えられています。

倒産する企業にはその理由が存在します。日々の経理や会計といった業務が機能不全を起こしてしまうと倒産する可能性は飛躍的に高くなります。「どんぶり勘定」の会計処理では、さまざまな危険を背負い込んでしまい、挙句、倒産という憂き目に合うこととなるのです。

そのほかに黒字倒産にならない方法としては、入金サイクルを早くする、前払い制を採用する、自社の支払いを遅らせることなどが挙げられます。

「キャッシュフロー経営」という言葉があるように、どれだけの現金資金が手元にあるかは会社が存続していくうえで重要です。企業を分析するときは貸借対照表と損益計算書のみならず、キャッシュフロー計算書も確認しておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加